防風通聖散がお腹の脂肪に効果的?

「防風通聖散」(ぼうふうつうしょうさん)を皆さんはご存知でしょうか?

社会に出て運動することが少なくなり、加えて不規則な食生活が多くなってしまい、その結果、健康診断を受けてみたら「脂肪」の項目で引っかかってしまった…。
そんな方にぜひ知ってもらいたいのが、この「防風通聖散」です。

脂肪の中でも特にお腹の脂肪は放っておくと健康にも影響を及ぼしてしまいますし、ただ食生活だけを直せば改善されるというわけではないので、しっかりと対策しなければならないことがいくつかあります。

ですので、お腹の脂肪がもたらす問題や、どうすれば脂肪を改善できるかなど、改めて知ってみてください。
その中で「防風通聖散」についてもご紹介させていただきます。

お腹の脂肪にも種類がある

そもそも体脂肪には二種類の種類があり、「内臓脂肪」と「皮下脂肪」はあります。
お腹の脂肪が気になるという方であれば皮下脂肪が気になるという方が多いですね。

特に女性は皮下脂肪がつきやすいので、皮下脂肪を落としたいと考える方は多いですよね。
お腹の脂肪を簡単に落とすのであれば、有酸素運動をすることが一番です。

サプリなどもお腹の脂肪を減らすのには効果的ではありますが、これだけで皮下脂肪を燃やすのは中々難しいです。
大事なのは運動とサプリなどを合わせることです。

お腹の脂肪を落とすためによく飲まれるサプリは大半、身体の代謝を高めるものですから、運動をしなくては代謝を高めた意味があまりありません。

また、脂肪をいくら減らしたとしても、また脂肪がついてきてしまっては困りますよね。
そのためにも脂肪の対策も知っておきましょう。

お腹の脂肪の対策にするべきことは?

脂肪を対策するのであれば何はともあれ食生活を正すことから始めなくてはいけません。いくら防風通聖散を飲んだところで、食生活が乱れていてはいたちごっこになってしまうだけでほとんど意味がありません。

脂肪の原因となるものは主に炭水化物・脂質・糖質・アルコールなどが挙げられます。
どれも好んで食べる方が多いものですから、中々制限をするのは難しいかもしれませんが自身の健康のためにも、まずは徐々に量を減らしていくようにしてみましょう。

例えばですが、白米を食べ過ぎてしまう方なら、玄米ご飯や雑穀米にご飯を置き換えてみる、といった感じに量を減らすのではなく置き換えてみることから始めるのがとっつきやすいです。

肉類から脂質を取りすぎているという方は、調理の際にできるだけ油を切るような工夫をしたり、さっぱりした部位を選んだりするなども、無理なく脂質を減らすひとつの方法です。

そのほか、先に少し触れたように食生活だけでなく、日々の生活も脂肪に影響を与えるものですから注意が必要です。
特に、ストレスは脂肪と関わりが深かったりするんですよ。

その上、ストレスを抱えてしまうと暴飲暴食をしてしまいがちですから、余計に脂肪が付いてしまいます。
ですので、食生活改善も重要ですが、まずはストレスをうまく発散して、食生活を正すことから始めてみてください。
そしてそれらの対策に加えて「防風通聖散」の利用を始めてみましょう。

防風通聖散の効果・効能

冒頭から皆さんにおすすめしたくて仕方なかった「防風通聖散」ですが、おそらく皆さんも名前を聞いただけでは、防風通聖散がどういったものなのかピンとこなかったと思います。

この防風通聖散というのは、18種類の生薬からなる「漢方」の一種で、身体の代謝を促進し、水分の排出を促す効果を持っているんです。

身体の代謝が高まるとお腹の脂肪が分解されて燃焼されやすくなりますから、運動をした際の脂肪の燃焼力が高まります。

水分の排出を促す効果から、むくみなども解消できますので、脂肪燃焼と合わせて理想的な身体作りに貢献してくれます。
スッキリという意味では腸内環境も綺麗にしてくれるので、便秘にお悩みの方にも嬉しい漢方です。

ただし、これを飲んでいるだけで脂肪がなくなり、健康的な身体を実現できるというわけではありません。

あくまで防風通聖散は健康的な身体作りをサポートする漢方薬ですから、これを飲みつつ食生活改善や運動に励むようにしてみてください。
そうすれば脂肪の少ない理想的な体に近づくことができますよ。

今オススメの防風通聖散

とはいえ、防風通聖散と一口にいっても色々な種類があるものですから、いざ入手しようと思って選ぶ段階で迷ってしまうと思います。

ですので、今回はこちらの「生漢煎」という防風通聖散をご紹介させていただきます。
この生漢煎という防風通聖散はTVや雑誌で取り上げられたこともあり、インスタなどのSNSでも人気の高い防風通聖散です。

やっぱりこういった漢方薬やサプリメントのようなものは数が多い分、最終的には知名度で選びたくなりますよね。
そういった方にはこの生漢煎はとってもおすすめです。

まず生漢煎はしっかりとした「満量処方」で作られた防風通聖散であることがポイントですね。

漢方薬を作る際は料理のレシピのように決められた、1日分の生薬の配合比率というものが決まっています。

レシピの半分の量だけ使って作られているものは「1/2処方」と呼ばれ、生漢煎のように1日分しっかりと使っているものは「満量処方」と呼ばれるんです。

そのほか、生漢煎は「カプセルタイプ」よりも「顆粒タイプ」の方が飲みやすいという方にもおすすめです。
こればかりは好みの問題ですが、カプセルタイプは喉に張り付く感じが苦手…、という方も少なからずいらっしゃいますから、そういった方は顆粒で水と飲みやすい生漢煎の方が合っていると思います。

これだけメディアに取り上げられているということは、少なからず実績があるものですから、信頼性の低いものを購入するより断然こちらをおすすめします。

お腹の脂肪を改善するために「防風通聖散」と一緒に健康的な身体作りをしてみてください。